上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --.--.-- 
    凹みをパテで修正。
    120番のサンドペーパーで面を出していきます。
    面が出れば、180番、240番、360番、400番、600番
    とサンドペーパーを細かくしていきます。
    サンドペーパー目を消す為とサフェーサーの足付け




    SANY8880.jpg

    パテ研磨が終われば、サフェーサー塗装
    マスキングをして2~3回塗っていきます。
    今回上塗りがレッドなので、下塗りにピンクのサフェーサーを塗ります。


    SANY8890.jpg

    SANY8889.jpg

    サフェーサーを400番、600番、800番で研ぎ
    塗装面を1500番で研ぎます。
    塗装面以外をマスキング。
    シリコンオフで脱脂します。

     
    SANY8894.jpg

    調色した色フェラーリレッドを塗装します。
    5~6回丁寧に塗っていきます。
    レッドが塗り終わると、15分ほど乾燥させて
    クリヤー塗装をします。
    2~3回均等な塗り肌になるように丁寧に塗装します。
    SANY8895.jpg

    SANY8897.jpg

    十分乾燥させてから
    塗装面に付着したブツを1500番のトレックスで研磨
    2500番のスーパーバフレックスで1500番の目消し研磨
    細めコンパウンド+ウールバフ12mmで磨き
    極細めコンパウンド+ウールバフ6mmで磨き
    超微粒子コンパウンド+ウールバフ仕上げ用で磨きます。
    塗装面はピッカピカ。

    後はパーツを取り付けて完成。

    SANY8915.jpg

    SANY8914.jpg


    スポンサーサイト

    2013.08.17 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。