上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --.--.-- 
    U様のレガシーツーリングワゴン
    ダウンサス取替(部品持込)とブレーキキャリパの塗装をしました。

    今回はブレーキキャリパの塗装工程を説明します。

    まずは、ブレーキパットを外します。
    キャリパーに付着している、ブレーキダスト、グリス、汚れなどをブレーキクリーナーとブラシを使って清掃します。
    ここでしっかりと清掃しておかないと、綺麗な仕上がりは出来ません。


    SANY8219.jpg



    次にマスキングをします。
    そしてブレーキキャリパをシリコンオフで油分、汚れなどをふき取ります。
    エアーブローしてミッチャクロンを塗装します。
    これを下地に塗ると強力な密着性を確保することができます。


    SANY8221.jpg

    次に下色を塗装します。
    今回は赤を塗装しますので、下色に明るいグレーを塗ります。
    下色を塗ることで鮮やかな赤に塗装出来ます。
    下色なしで塗ると暗い赤になってしまいます。

    SANY8225.jpg

    次に赤を塗ります。
    この赤はフェラーリレッドです。
    年末にオールペイントしたフェラーリの塗料が
    余っていたのでそれを塗装しました。
    鮮やかな赤が出ました。


    SANY8228.jpg

    10分~15分ほど乾燥させてクリヤー塗装します。
    2回塗りで艶を出します。
    クリヤーを塗ることで艶も出ますし、ブレーキダストなどで
    汚れても簡単に汚れを落とすことが出来ます。


    SANY8235.jpg

    完成です。
    フロントブレーキキャリパ

    SANY8240.jpg

    リヤブレーキキャリパ
    SANY8241.jpg

    アルミホイールを装着
    チラっと見える赤がいいですね

    SANY8247.jpg


    車高も少し落ちてバッチリ決まりました。

    SANY8255.jpg

    U様このブログを見てご依頼くださりありがとうございました。
    今回ヘッドライトの黄ばみ除去をサービスさせていただきました。
    ヘッドライトの黄ばみ以前から気になっていたみたいで
    とても喜んでいただいて、笑顔で帰られました。

    『お客様に喜んでいただける』

    これが、職人の至福の時です。

    U様ありがとうございました。

    スポンサーサイト

    2013.03.08 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。