上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --.--.-- 
    『マイベストプロ 福岡佐賀』に

    自動車鈑金・塗装のプロとして紹介されましたヽ(´▽`)/

    今後とも宜しくお願いします。

    http://mbp-fukuoka.com/matsumoto-bankin/
    スポンサーサイト

    2015.09.01 
    今朝の工場風景

    アストンマーチンDB9とGT-R

    工場に名車と言われる車が入ってくるとなんだかワクワクする

    アストンマーチンのお客様宗像市から来ていただきました。


    P1060521.jpg

    P1060523.jpg

    2015.06.11 
    エブリィワゴンのフロントエアロバンパーの取付です。

    塗装完了したエアロバンパーを仮付けしてみると
    フロントのクロスメンバー、ライトサポート部分の白が
    バンパー開口部から見えてしまって、
    ちょっと見た目がカッコよくないですね。

    P1040909.jpg

    P1040910.jpg

    そこで、外から見える部分を艶消しブラックで塗装

    左右のインテーク部分を黒のアルミネットを付けてみました。

    P1040927.jpg

    P1040929.jpg

    P1040928.jpg

    なかなかクールに仕上がりました。
    断然こちらのほうがいいですね。

    P1040931.jpg


    オーナーのA様も仕上がりに満足していただきました。

    A様。わざわざ遠方から来てくださり、誠にありがとうございました。

    ライツ エブリィワゴン フロントエアロバンパー

    松本自動車鈑金はオートスタイル指定工場です。
    AutoStyle(オートスタイル)は、株式会社HEARTSの運営する自動車アフターパーツ専門のショッピングサイトです。
    http://www.auto-style.jp/

    2014.04.26 
    エブリィワゴンのライツのフロントエアロバンパーの塗装と取付

    まずは、エアロバンパーの下地処理
    塗装前のFRP製のエアロバンパーは表面に巣穴や小キズなどがあります。
    パテで巣穴、小キズを埋めて、全体を400番のペーパーで研いでサフェーサーを塗装します。

    P1040839.jpg

    パテ埋めして研磨したライツエアロバンパー

    P1040840.jpg

    サフェーサーを塗装したライツエアロバンパー

    P1040867.jpg

    サフェーサーを400番→600番のペーパーの順に研いで、
    シルバー→パールホワイト→つや消しブラックの順で塗装します。
    今回はお客様のご要望でフォグランプまわりをシルバー塗装しました。
    なかなかいい感じに仕上がりました。
    小さなホコリ、ブツなど研磨してポリッシャで磨き仕上げます。

    P1040893.jpg

    今回は塗装まで
    次回取付作業をアップします。

    松本自動車鈑金はオートスタイル指定工場です。
    AutoStyle(オートスタイル)は、株式会社HEARTSの運営する自動車アフターパーツ専門のショッピングサイトです。
    http://www.auto-style.jp/


    2014.04.22 
    凹みをパテで修正。
    120番のサンドペーパーで面を出していきます。
    面が出れば、180番、240番、360番、400番、600番
    とサンドペーパーを細かくしていきます。
    サンドペーパー目を消す為とサフェーサーの足付け




    SANY8880.jpg

    パテ研磨が終われば、サフェーサー塗装
    マスキングをして2~3回塗っていきます。
    今回上塗りがレッドなので、下塗りにピンクのサフェーサーを塗ります。


    SANY8890.jpg

    SANY8889.jpg

    サフェーサーを400番、600番、800番で研ぎ
    塗装面を1500番で研ぎます。
    塗装面以外をマスキング。
    シリコンオフで脱脂します。

     
    SANY8894.jpg

    調色した色フェラーリレッドを塗装します。
    5~6回丁寧に塗っていきます。
    レッドが塗り終わると、15分ほど乾燥させて
    クリヤー塗装をします。
    2~3回均等な塗り肌になるように丁寧に塗装します。
    SANY8895.jpg

    SANY8897.jpg

    十分乾燥させてから
    塗装面に付着したブツを1500番のトレックスで研磨
    2500番のスーパーバフレックスで1500番の目消し研磨
    細めコンパウンド+ウールバフ12mmで磨き
    極細めコンパウンド+ウールバフ6mmで磨き
    超微粒子コンパウンド+ウールバフ仕上げ用で磨きます。
    塗装面はピッカピカ。

    後はパーツを取り付けて完成。

    SANY8915.jpg

    SANY8914.jpg


    2013.08.17 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。